基本

声府と指府により1回の命令で1回の動作が理想です。

犬の目を見て座れなどの指示をします、この繰り返しにより、

だんだん服従関係がめばえます。